かえで保育園四街道

今が旬!そら豆の観察を行いました。始める前に『そらまめくんのベッド』シリーズの絵本を見て、栄養士の先生からむき方のコツを教えてもらってからスタート‼「かたいなぁ」「あかないよ~」「こっちからやってみよう」などなど、思ったより硬いさやに苦戦気味の子どもたち。無事に豆を取り出せた子が、出来ずに困っている子に教える姿も見られました。匂いを嗅いだり、大きさを比べたり、さやが開く時の音に気付いたりと五感を使って観察しました。


今年度初めての米粉粘土をしました。手でこねていくと、「てにくっつくよ!」「とれなくなっちゃった~」「きもちいい」など話したり、見せ合ったり♪ 中には、やわらかさが「おなじ~‼」と自分のほっぺにくっつけて、感触を楽しむ子もいました!...

雨上がりのこの日、グランドの砂場には水溜まりが出来ていました。これはチャンス!とばかりに、そーっと近づいていきます。土をシャベルですくって水溜まりに入れると、水が跳ねたり波が立つことに気づいて繰り返していきます。土をどんどん運んで入れる子もいれば、指先をつけて水面を揺らしてみる子、タンポポを浮かべてみる子など、ここぞとばかりにそれぞれ楽しんだ子どもたち。とても満足そうに帰ってきました!



「まださくらさいてるかなぁ」と言いながら、桜のきれいな中央公園までお散歩に行きました。前日の強風にも負けず、桜は思ったより残っていて、みんな大喜び!大きな滑り台や橋が付いているアスレチック遊具が大人気 ‼...

昨年度から興味を持ち始めたマンホール。今までは『汚水』『雨水』の文字に気づき、「これなんてよむの?」と疑問に思ったことを調べたり、ご当地マンホールを写真で探したりして、関心を深めてきました。年長になり、ついに実際にマンホールを探しに行くことに。準備をしていると、なんだか雲行きが怪しくなってきました。万が一のことを考えて、急遽カラーポリ袋で手作りのレインコートを作り、みんなで着て出かけました。交通ルールを守りながら、マンホールを見つけていきます。『汚水』『雨水』だけじゃなく、『ガス栓』『Y3000』『空気弁』などの文字もありました。形も〇や▢、大きさも大小さまざま。消防車のマンホールを見つけた時には歓声が上がりました!近くの小学校にも立ち寄り、桜を見たり、小学生が遊んでいる様子を覗いたりと、とても良い経験となりました。今後も探索して、自分たちの暮らす「まち」を知っていきたいと思います。

進級して年長組になった子どもたち。この日は初めて、トイレットペーパーを使った『パルプ粘土』を作りました。 まずはトイレットペーパーをぐんぐん引っ張っていきます。いつもは許されることのない遊びにみんな大興奮っ!...


さらに表示する