カテゴリ:行事



令和3年の節分は、2月2日だったのですが、“はなぞの”では、2月3日に行いました。 0歳クラスから2歳までの未満児へは、年長児が鬼役になり、手作りのお面をかぶり部屋に入っていきました。それでも小さな子ども達は泣いてしまう子があり、大騒ぎです。

かえで保育園妙典 · 2021/02/02
今日は節分会の1歳時のクラスにスポットを当ててみたいと思います。 お花紙を丸めて貼り付けて“おに”を作りました。身長180センチの“あかおに”の出来上がりです。自分たちで作ったので、誰一人泣くこともなく、“おに”に向かってたくさん新聞紙で作った豆を投げていました。給食はかわいらしい鬼の顔のマーボーランチでした。

おには外!福は内! 「泣き虫おに」や「怒りんぼおに」みんなの心のなかにいるおにを追い出せるように、豆まきをしました。 給食には、おにの顔をした人参ライス! おやつでは、恵方巻をいただきました。

2月2日の節分の日を楽しみにしながら、豆入れ製作をしていた子どもたちです。「どんな顔にしようかな?」「髪の毛もつけよう!」と、自分たちで紙を切ったり貼ったり、工夫をしながら、楽しそうに豆入れ製作をしていました。

クリスマスイブにお楽しみ会を行いました。 サンタさんの登場でみんな大喜びです。

子どもたちは歌とダンス、先生たちは劇をやりました。 サンタクロースも来て、とても楽しい会でした。 0・1歳 「ジャングルグルグル」 2歳   「はなれないふたり」 幼児   「紅蓮華」 保育士  「てぶくろ」

【3歳未満児】 子どもたちのわくわく感がいっぱいの雰囲気の中、2歳児クラスのお部屋で、お楽しみ会を行いました。「おもちゃのチャチャチャ」のうたをうたいながら、楽器(鈴)を鳴らしたり体を揺らしたりして、楽しそうに参加をしていた子どもたちです。また、小さいクラスのお友達も一緒に、楽しい雰囲気を味わうことができました。...

かえで保育園妙典 · 2020/12/24
子どもたちがとても楽しみにしていたクリスマス、少しお部屋を暗くして、ブラックパネルシアターを見ました。クリスマスの歌を歌いながら次々変わる光る絵に「わーすごい、きれいー」と歓声が上がりました。

廃材を使った製作遊びが発展し、「お店屋さんがしたい」という子どもたちの願いを受け止め、日々、保育活動をすすめてきました。「〇〇屋さんがやりたい」「〇〇をつくりたい」等、自分の思いを言葉で伝えたり、友達の思いを聞いたりしながら、様々な材料を使って繰り返しつくったり、どんなお店にするのかを考えたりしながら、楽しそうに取り組んでいた子どもたちです。

秋の好天に恵まれた一日です。 以前から楽しみにしていたサツマイモ掘りに行ってきました!

さらに表示する