【栽培活動】

ゴールデンウィーク明けに、心地よい気候の中で、野菜の苗植えを行いました。

今回は「とまと」「なす」「きゅうり」「からーぴーまん」「ぴーまん」の5種類です。

 

 

 

保育者が、野菜の苗を1つ1つ丁寧に、子どもたちに見せています。

「僕はきゅうりを植えたい!」「私はとまとを植えたいな♪」と、自分たちで植えるものや順番を決めていました。

 

 

 

 

子どもたちに「皆で協力をして苗を植えること」「友だちと一緒にシャベルを使うこと」を、伝えていきます。保育者がシャベルを渡すと、子どもたち同士で「順番に使おうね」「終わったら貸してね」と、声を掛け合いながら、協力して栽培活動を行っていました。

 

 

 

苗を植える時には「シャベルで穴を掘り、両手で優しく根っこの部分を持って、そっと土の上に置いていく」ことを、子どもたちに伝えていきます。

子どもたちは、苗に優しく土をかけながら「おおきくなあれ♪」「お水あげたいな~♪」と、嬉しそうに苗植えをしていました。

 

育てた野菜を収穫したり、食したりする経験を通して、生命の尊重を学び、友だちと協力し合い助け合う心の大切さや、自然の恵みに感謝する心を育てていきたいと思います。